SK Report~5月号~

一ヶ月も早いものでもう5月です。
5月を抜ければすぐに梅雨に入り、あっという間に夏が来ます。

今月号では「おしどり贈与」について書いております。
とある資産家の方の相続税対策についてコンサルをしており、
良い案が無いか探してみて行き着いたのがこの制度でした。
自己居住用の住居を婚姻期間20年以上の夫婦間で贈与すると、
基礎控除の他に2,000万円まで控除が利用できるという制度です。
平成27年度の相続税の大きな改正で課税対象者が増えている中、
こういった制度を上手に活用し相続対策をする方法もあるというのは知っておいても良い情報だと感じました。
何よりも20年以上の婚姻期間というのがこの税制の肝です。
私も、なぜ「20年以上」になったのかはこれから知るのかもしれません。

 

※リンク先をクリックするとPDFが表示されます。

※リンク先をクリックするとPDFが表示されます。

お問合せ

お電話でのお問い合せ 045-562-0123
営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週水曜および第1・第3火曜日