人の繋がりの大切さ

人と人の繋がりの大切さをふとした瞬間に感じる事があります。まさに私どもの仕事もそうです。繋がりの中でお仕事を頂き、仕事でお返しする。そこには仕事の枠を大きく超えた大事な繋がりや信頼関係があります。
下に述べるのは、最近私がふと思った事です。

基本中の基本は挨拶から

何事もそうですが、挨拶は基本中の基本です。特に家族と一緒に暮らす人々にとっては、起床後の「おはようございます。」という一言です。
私は小さい頃から挨拶については両親から口煩く言われたものです。今となってはきっと自分に子どもがいたら同じ様に口煩く言うであろうと確信ができます。
日吉駅付近を歩いていると顔馴染みの方々にお会いする事が非常に多いです。たまに私が挨拶をすると、声が大きすぎるのか、「静かに!」と笑いながら怒られる事があります。
私は怒られても元気な方が良い。寧ろわざわざ近くに行って声をかけた方が良いと思ってしまうのです。

「基本」の重要性

先に述べました様に挨拶は怒られても良いから元気な方が良いというのが私の基本姿勢です。しかし、時には大きな声で挨拶をしてはいけない時があります。レストランの中や銀行の中、エレベータの中等はさすがの私も空気を読んで静かにご挨拶させて頂きます。
冗談半分さておき、私がサッカーをしていた高校の部活時代に遡ってみます。度重なる走力トレーニングと筋力トレーニングは今でも辛かったと思い出す事があります。この2つのトレーニングは「基礎体力作り」や「基礎トレーニング」と称される事が多いかと思います。冬場は基礎トレーニングを主として行い、技術を身に付ける為の準備をしっかりとします。
ここで仕事の話に戻ります。先程から何度も述べている様に挨拶は基本、知識や経験は基本ができてからなのです。
基本がしっかりしていれば知識や経験が生きるのです。会社の中での基本には他にも掃除や先輩社員の仕事を手伝う等があるかとは思いますが、挨拶は一番簡単なトレーニングだと思います。

まずは家族から

会社でもそうですが、人は社会の中で生きています。しかし、社会の一番小さな単位は「家族」にあるのだなと思っています。
家族の単位でしっかりと挨拶が出来なければ外に行ってもできる訳がありません。
まずは朝起きて、「おはよう。」の一言から始めてみませんか。
きっと社会はより明るく、もっとコミュニケーションが深まって良くなるのではないでしょうか。

お問合せ

お電話でのお問い合せ 045-562-0123
営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週水曜および第1・第3火曜日